3泊4日で入院してた計8食分、の病院食のご紹介

今回の入院で頂いた、合計「8食」の病院食。

どれも変わり映えしない食事ですが、この中でもわずかに
「フルーツがある!!」とけっこうトキメクものです。
(ちょっとしたフルーツでトキメクなんでどうかしてる。。。)

このお食事では、一食あたり500~600カロリーで
1日で1700カロリー程度に調整されていました。

もちろん、かなり物足りないですが、揚げ物などは皆無なので、
ヘルシー食と思えばいいのかもしれません。
ダイエットにはいいですよね。
しかもお腹が空いて死にそう、なことはありませんでした。
おかずに対してご飯が多め、なので。
そしてこの「ごはん」がおいしくありません!
ふりかけがないと食べれません。
まぁ当然といえば当然。だれもそこに期待していませんよね。

退院して食べるお米がおいしかったのが思い出されます。

こんな食事をしていたのでずっとベッド上で過ごしていて、
ほぼ動かなかったにもかかわらず体重は減っていました。

今回強制的に病院食をいただく機会があったことで
今後の食生活も見直そうかと思いました。

おかずは少ないのは問題ですが、
そんなに食べなくてもいいのかもと。
とくに揚げ物などはしょっちゅう食べるのはよくない、と。

ふだんの生活は飽食すぎるので、もっと質素にしてもいいのかも
と思わされました。

切羽詰まらないと食事についてよく考えないので、
いい機会を得ました。

この全体的に盛り付けといいなんとなくさみしい食事

そんな中で、「ゼリー」「ヨーグルト」のパッケージが
ポップで目を引き、楽しい気分にさせてくれました。

子供じゃないけど、そんな些細なことがなごむんだなぁ~と
認識させられました。

生活の中で「楽しさ」って大事。

うるおいがなく味気ない毎日は、気分を暗くさせます。

思えば世の中っていかに「楽しいこと」を追求しているか、
そんなことで構成されているものだなぁと感じます。

たとえば、レストランの壁紙。
ポップで楽しく明るい雰囲気を出していたりしています。
色の構成だとか。
そして地面に近づくほど「濃い色」を使って、
落ち付き居心地の良い空間を作っています。

そんな風に、世の中の商売をしているものは
工夫しているのだなぁとあらためて気づかされました。

これは病院という「無」の世界にいて、そこから出ないと気づかないものでした。

普段、何気なく目にしていたものが、いざ、それが無くなると
「なにかが足りない」と気づく。

そんな思いをした、今回の入院でした。

無料で「「雇われ人生卒業!達成講座」入門テキスト」と
「動画セミナー」を配布中!

私は海外旅行が好きな、ごく普通のOLでした。
お勤めをしていると、 お給料は頂けても会社の方針に 従わざるを得ませんよね。
それに収入も決まったものになります。
特に事務職なんて、お給料は ずっと低いままです。

そこで、
インターネットの「仕組み」を作ってお金も時間も自由になる方法を知り
「雇われている人生」から 卒業することを達成しようと思いました。

現在、この私が学んだビジネスをもとに 自分で稼ぐ力を身に付けて
「雇われている人生」から「卒業」することを達成する講座
雇われ人生卒業!達成講座」開講しています。

この講座では、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、
ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

登録の無料プレゼントとして、
これを読めば何をすれば良いかが分かる
「雇われ人生卒業!達成講座」入門テキストと、
なぜ、今あなたのお給料が少ないのか、
世の中の仕組みが分かる「動画セミナー」をプレゼントしています。

このプレゼントは期間限定で無料配布していますので、
ぜひこちらから受け取ってください。
➠「雇われ人生卒業!達成講座」 はこちらから申し込みができます。



ここではブログには書けないような、クローズドな 話題も発信しています。
※メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
※icloud、i.softbank、docomo、ezwebなどのメールは届きにくい場合があります。もしメールが届いていなければgmailのアドレスで登録頂くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

「雇われ人生卒業!達成講座」開講中 ごく普通のOLをしていましたが、自分でビジネスを始めたことにより、先日雇われ人生を卒業しました。 もう満員電車に乗ることもなく悠々自適な生活を送っています。 今は同じような願いを叶えたい人にその手法を教えています。