教材はトコトンまで活かそう

何か勉強するために教材を買ったとき。

それを、絶対に活かそう。
十分に利用しよう。

そんなのわかっているけど、できない、ですね

教材を絶対に生かすためにやれることとは

無料で手に入れた知識は
活かせないことが多いです

そんなことはないと思っていても、

私が今まで無料で得た教材のようなもの達は
本当に一度見て終わりになってます

Twitter か何かの企画で無料で配布される教材
っていうのがたまにあります

そういうものを意気揚々と
トクした!
と思って手に入れるのですが

それは一度見ただけで終わっています

一度見ればいい方です

ひどい時は無料といえども
かなりのボリュームがあるので

ざっと見て、これをあとで読もう、と思って
結局そのままにしてしまうんですね

本当に悲しいことに
無料のものは
それを手に入れたことすら
忘れてしまっています

有料のものは、忘れたころにカードの請求がくる

その反対に有料のものは決済した情報が
残っているので

例えばその1ヶ月後ぐらいに
カードの請求が来た時に

「この料金は何だ?
このマイナスになっている請求の料金は何だ?」

ということで
その教材のことを思い出すんです

そこでまず一か月以上経ってから
気づくので、やるという感じです

後は本当に

一回買ったら
一回手に入れたら
一度読んだら
一度聞いたら

それだけにしないで
もう一度繰り返す
何度も繰り返す

私は1日に3度ぐらいは
新しく仕入れた情報を繰り返します

その日がもう夜遅くて終わってしまう時は
次の日に2、3回繰り返します

本当に本当なんですけれども
一度だけでは絶対に
忘れてしまいます

なので一度新しく知識を仕入れたから
といってそれで終わりにしないでください

これはもう、一つの教材を
何度でも使うぐらいに使いこなしてください

例えばテキスト状態の教材であれば

一度黙読して、次の日にも読んでみる

そこの大切なところをメモる

そしてまた別の日にもう一度読む

のもいいですが

音読をしてみる

隙間時間にメモしたところを見返す

そしてできれば仕入れた知識を
すぐに誰かに教える

自分の覚えている範囲でいいので教える

YouTube 動画を撮ってみてもいいですね

なかなか思い出すのは大変かと思うので
メモを見ながら喋ってみるのも良いかと思います

そうやって一つの教材を
何度も何度もいろんな方向から繰り返し使う

使い倒すぐらいに使ってください

そうしないと自分に落とし込めないです

ボロボロになるまで、使い倒そう

しかもせっかく高いお金を払って
手に入れた教材なんですから

ボロボロになるまで

最近の電子データだと
ボロボロにはならないんですが

テープが擦り切れるまでって
いう状態にもならないので

何回繰り返しても
その教材が痛むことはないんです

だから安心して
容赦なく利用しましょう

そこが利点です

無料で「「雇われ人生卒業!達成講座」入門テキスト」と
「動画セミナー」を配布中!

私は海外旅行が好きな、ごく普通のOLでした。
お勤めをしていると、 お給料は頂けても会社の方針に 従わざるを得ませんよね。
それに収入も決まったものになります。
特に事務職なんて、お給料は ずっと低いままです。

そこで、
インターネットの「仕組み」を作ってお金も時間も自由になる方法を知り
「雇われている人生」から 卒業することを達成しようと思いました。

現在、この私が学んだビジネスをもとに 自分で稼ぐ力を身に付けて
「雇われている人生」から「卒業」することを達成する講座
雇われ人生卒業!達成講座」開講しています。

この講座では、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、
ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

登録の無料プレゼントとして、
これを読めば何をすれば良いかが分かる
「雇われ人生卒業!達成講座」入門テキストと、
なぜ、今あなたのお給料が少ないのか、
世の中の仕組みが分かる「動画セミナー」をプレゼントしています。

このプレゼントは期間限定で無料配布していますので、
ぜひこちらから受け取ってください。
➠「雇われ人生卒業!達成講座」 はこちらから申し込みができます。



ここではブログには書けないような、クローズドな 話題も発信しています。
※メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
※icloud、i.softbank、docomo、ezwebなどのメールは届きにくい場合があります。もしメールが届いていなければgmailのアドレスで登録頂くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です